男子高校生私服!モテのポイントは「シルエット」と「色のバランス」

手頃な値段で買えるジギーズショップ、レブトレイトをみてみる

 

 

男子高校生私服!モテのポイントは「シルエット」と「色のバランス」

 

男子高校生私服の場合、自分のキャラクターや「売り」などがまだ確立していないことが多いので、自分自身を表現するというよりは無難なアイテムをセレクトしつつ、ベルトや靴などでちょっとアクセントをつけて、さりげなく個性を出すようにするとよいとアドバイスします。高額な服やブランドにこだわる必要は全くないし、むしろ背伸びしすぎた服装はマイナスの印象しか与えません。大人っぽさを印象づけたいのはわかりますが、身の丈にあっていない印象が前面に出てしまうと逆効果です。そこで重要なのは「シルエット」と「色のバランス」が大事だと教えます。

 

別にこれは男子高校生私服にだけ当て嵌まるポイントではなく、他の世代の人のファッションを考えるうえでも重要なポイントです。まず「シルエット」ですが、これは「自分自身の体型」にぴったりと合っていることが重要で、一見簡単なようで実は意外と難しいポイントです。巷でも自分の体型に合っていない服を着て平気で街を歩いている人がいるのを見かけると思います。ああいう人達を反面教師にしつつ、自分の体型にぴったりの服を選ぶこと。ここがいい加減だと全てが台無しになってしまいます。逆に言えば、この「シルエット」に気をつけておくだけで細かい服の着こなしなど気にしなくてもある程度はなんとかなるのです。

 

そして男子高校生私服でたいせつになる2点目は「色のバランス」です。まず鏡の前で自分が「暖色」が似合うのか、「寒色」が似合うのか決めるようにアドバイスします。たいていの人は暖色系か寒色系の色のどちらかが似合うようになっています。直感で構いませんので、ここをまずはっきりさせます。そうしてベースの色が決まったら、同系色の色で少し「ズレ」た色の服も同時に選ぶようにします。たとえばセーターがベースカラーだとしたら、パンツは「ズレ」た色味のものを選ぶようにするようにします。鏡の前でどういう組み合わせが似合うか色々と試してみることを薦めます。そして最後は「アクセント」としてベースカラーの逆の色相のものを選びます。こちらはベルトやインナーシャツ、靴など全体としてみたときに少し見えるぐらいのアイテムに適用します。ざっくりと説明しましたが男子高校生私服って、これらの色味のものをうまく組み合わせるとお洒落に見えます。男子高校生私服で重要なのは体型に合った服を選ぶことと色味の「バランス」に気を使うこと。この2点をアドバイスします。