男子高校生春の私服!モテるには学校とは違う一面を意識しよう!

手頃な値段で買えるジギーズショップ、春コーデをみてみる

 

 

男子高校生春の私服!モテるには学校とは違う一面を意識しよう!

 

男子高校生春の私服!高校生なので、まずは普段の制服姿の印象が女性には強いと思います。制服は学ランであれブレザーであれ、『黒や紺の暗い色』で『カチッとした印象』です。私服では、そういった高校生の制服姿のイメージとは間逆の要素を取り入れて、ギャップを狙うのが大事です。でも、あからさまにではなく、あくまでもさりげなくです。男子高校生春の私服の色合いにベージュや白で明るい下地を作りつつ、ワンポイントに原色的な要素を用いて、まずは普段の制服姿の『暗さ』とのギャップを醸し出します。たとえば、ベージュのチノパンに白系のシャツやニットに、赤や黄色の明るいストールなどのコーディネートです。

 

男子高校生春の私服で全く暗い色を使わないほうが良いと言うことではないので、全身を見て明るい爽やかな印象を受けるようであれば、暗い色のアイテムを使うのも問題ありません。ストールや帽子などでカラフルなアイテムを足せば、誰でも割と既存の持ち物で始めやすいと思います。また、女性は寒い時に不意に男性が自分のストールを巻いてくれたり、突然の雨に帽子をかぶせてくれたりと、そういう行動にトキメキを感じがちです。外出時には天気予報をチェックして、その日のふいの天気の変化に備えておくのも良いと思います。

 

次にもう一つ男子高校生春の私服、制服姿の『カチッとした』イメージとのギャップを足します。足元を綺麗目のスニーカーにする、シャツを柄や色で楽しむなど、どこか一つ遊びの要素を取り入れることで、休日のリラックス感が醸し出され、普段の制服姿とは違った一面に女性は喜ぶと思います。そして、女性を相手にして絶対に手を抜いてはいけないのが清潔感です。ダメージ加工と汚れは違いますし、シワ加工とよれよれのシワは違います。女性は男性の数倍、そういった点を厳しく見ていると思います。

 

せっかくオシャレして普段とのギャップを醸し出しても、シャツはよれよれ、スニーカーは汚れだらけでは意味がありません。一つ一つのアイテムを大事にきちんと着こなせば、たとえそれがファストファッションの物であっても、女性には素敵に映るものです。清潔で制服とのギャップを是非お試しください。