細めの高校生男子に合うショップ@モテるストライクゾーンの目指し方

手頃な値段で買えるジギーズショップのコーデをみてみる

 

 

細めの高校生男子に合うショップ@モテるストライクゾーンの目指し方

 

細めの高校生男子に合うショップはズバリ、ジギーズショップです。まずは「モテる」の定義を、ここでは「なるべく多くの女性のストライクゾーン内におさまる」という事を目標とします。既に好きな女の子がいて、その子がものすごく個性的なファッションの女の子だったとしたら、相手に合わせていくのが一番良いと思いますが、とりあえず「多くの女の子が好感を持ってくれるであろうファッション」をまずは目指していきましょう。それには、まず「普通」を目指して下さい。「ダサイ」「痛い」「古い」「気合い入れすぎ」などマイナスな要素をなるべくなくし、まずは「普通」でいいんです。「普通のシャツ」「普通のニット」「普通のパンツ」など、売り場で一番普通っぽい物を買って下さい。分からなければ店員さんに「一番無難な色どれですか?」「一番合わせやすい形どれですか?」などと質問すると選んでくれると思います。洋服の「遊び心」なんていりません。「はずし」なんていりません。それは究極のイケメンでモデル体型の人が、きまりすぎて格好良くなりすぎてしまうので、あえて、やるものです。一般的な顔とスタイルであれば、洋服で遊んだり外したりする必要なんてないんです。男女を入れ替えて考えてみれば分かると思います。

 

女の子があまりにも個性的な格好をしていたり、男の子みたいな色使いをしていたり、訳の分からない柄の服を着ていたりしたら、「普通で良いのになあ・・・」って思いませんか?そういう事です。「普通に白とかピンクとか着ればいいのに。普通のスカートでいいのに」と男の子達が思っているように、女の子もまた、「普通にデニム履けばいいのに。普通にスニーカーでいいのに。普通に水色とかがいいのに」と思っていますから。普通の格好なので、「めちゃくちゃお洒落!」と思われる事はないと思いますが、それでいいのです。お洒落な人がモテる訳じゃありませんから。「普通に、あり」と思ってもらえればモテる服装としては成功なんです。ちなみに今の時期であれば、具体的には水色のシャツにベージュのカーディガン(制服とかぶらないようにハイゲージのもの)濃紺のデニムにスニーカーといったファッションが個人的には好きです。髪型は爽やかな黒髪で、変に香水などはいりませんのでとにかく清潔感を大事に。細めの高校生男子に合うショップで買い物するときにコーデが普通すぎて物足りなければ、胸元に黒ぶち眼鏡を下げたり、スニーカーを派手な色にするくらいで良いと思います。