メンズトータルコーディネート@私が思う女性にモテる服装アドバイス

メンズトータルコーディネートの人気コーデをみてみる

 

 

メンズトータルコーディネート@私が思う女性にモテる服装アドバイス

 

「女性にモテるメンズトータルコーディネートについてアドバイスして欲しい」と、言われたら、私は迷わずに「自分にあった服装」と答える。いくら、ファッション雑誌でトレンドで女性にモテる服装!と、謳われていても、所詮、自分に合わないと、意味がない。いくら高価なブランド物で身を固めていても、その人に合わなければその服装は安いバーゲンセールの代物と化す。逆に、自分に合う服装なら結構何を着ても様になる。自分に合う服を着ていれば、たとえそれが安いバーゲンセールの代物だとしても、多少なりとも高く見えるものだ。今まで書いてきたことは、書いている私自身が全て経験したことだから間違いない。ただ、自分に合う服を着ていても、服の上下の色使いが合ってないと、これまた壊滅的な結果になる。上下とも地味な色の服装ならまだしも、両方とも派手な色合いときた日には目も当てられない。せめて、どっちかの服を地味な色にし、色のバランスを取ればOKである。

 

またメンズトータルコーディネート、服の上下をできるだけ同系色でまとめると全体にまとまりができて見た目がよくなる。例えば、上が藤色のシャツだったら、下は青色のデニムとか。あと、靴やカバンなどの小物も、服装と同系色にしたほうがやはりまとまりがあってよい。服装が青系統なのに、バックや靴が赤、というちぐはぐな組み合わせの格好をしてる人をたまに見かけるが、やはり小物だけ浮いて見えるし正直に言ってカッコ悪い。でもメンズトータルコーディネートの白と黒だけは例外で、この二色はどんな色とも組み合わせてもOKだ。白と黒だけのコーディネートでも変じゃない。だから、色の組み合わせに迷ったら、とりあえず白か黒の物をプラスすれば、大抵なんとかなる。今までいろいろ書いてきたが、最後に私はこんな服装の男性が好きだ、ということを書きたい。メンズトータルコーディネート、上に書いたことが全てである。自分にあってる服装、髪型をして、色の組み合わせに気を使っていれば私としては満足だ。あえて注文をつけるなら、シャツの裾をズボンにinしている人は、どんなにあってる服装をしていても、それだけで全てが台無しになるのでやめて欲しい。